Stinger5 カスタマイズ 全体の表示幅を変更する

stinger

前回に引き続き、今回も記事の見やすさについて注目します。

人気のブロガーさんのサイトを見ていると、表示幅が結構あることに気づきました。

表示幅を広くとってた方が、一行にたくさんの情報詰め込めるし、なんといってもスッキリみえますよね!

 

と、いうことで今回は、Stinger5でデフォルトで設定されている表示幅をいじってみたいと思います。

調べた方法を試してみたら、意外と簡単にできました。

ただ、いじる場所を間違えると、スマホやPCの表示(レスポンシブデザイン)が崩れてしまうので、注意が必要です。

 

WordPressの管理ツールで 外観>テーマの編集を開く

 

 

スクリーンショット 2015-11-20 22.54.51

まずはじめに、表示関連の設定がされているcssファイルを開きます。

WordPressの管理ツールで 外観>テーマの編集をクリックし、style.cssを開きます。

 

style.css のソースコードを編集

 

style.cssのファイルで、以下のソースが書かれている箇所を探します。

↑のmax-widthの部分が全体の横幅の最大値です。

ここの値を大きくすることで、全体の表示幅を調整できます。

値を調整したら、画面一番下にある、ファイルの更新をクリックすれば、編集は終了です。

 

完成!

 

最後に、サイトを表示してみて、いい具合に広がったか確認します。

値を少しづついじっては、サイトを表示を繰り返せば、いい感じに調整できると思います。

今回は以上です。お疲れ様でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。