ファイル共有サービス DropBoxの使い方

dropbox

ブログのサーバーに画像データを置くと、どうしてもサーバー容量に限りがあるので、画像はDropBoxに置いて、そこから参照したいなーと思ってます。そのための準備として今回はDropBox(ブラウザ版)のお話です。

DropBoxとは?

Appbankさんによると以下とのことです。

Dropbox 最大の特徴は iPhone・PC 上ではなく、インターネット上にあるサーバにファイルを保存できることです。

そのおかげで iPhone や PC が壊れたり、紛失したとしても、ID とパスワードさえあれば Dropbox に保存したデータにアクセスできます。

また、ファイルを過去の状態に戻したり、削除した後でも復元できます。もちろん、復元できないように徹底的に削除することもできます。

ファイルをクラウド上に保存すれば別端末、別PCからも同じファイルが参照できるので、大変便利です。競合のサービスはあまり詳しくないですが、かなり便利なサービスだと思います。

アカウント作成

スクリーンショット 2015-11-10 22.26.44

アカウント方法は簡単です。氏名とメールアドレスを入力後、同意ボタンを押せば簡単にアカウントが作成できます。

ファイルのアップロード

スクリーンショット 2015-11-10 22.28.15

クラウドで管理したいファイルをアップロードします。

マウスの右クリックでメニューからアップロードを選択すると↓のような画面になるので、ファイルを選択します。

スクリーンショット 2015-11-10 22.28.31

アップロードが完了すると、画面上にアップロードしたファイルが表示されます。

ファイルURL共有

DropBoxでは、ファイルのURLを他の人に共有できるのも大きな特徴です。これによりファイルサイズの大きいデータも簡単に共有することができます。

スクリーンショット 2015-11-10 22.29.34

共有したいファイルの上にマウスを置いて右クリックするとメニューがでるので、その中から「共有」を選択します。

スクリーンショット 2015-11-10 22.29.44

↑のような画面になるので、表示されるURL(黒く塗りつぶしている部分)を共有したい相手に教えます。相手がこちらのURLをPCもしくは端末のブラウザ等でアクセスすると、ファイルの共有ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。