Googleの「PageSpeed Insights」でサイト表示が遅い原因を調べる

ccc
ccc

こんにちは。

ブログやサイトを運営されている方にとって、サイトのパフォーマンスはかなり重要ですよね。

スマホユーザーが増えてきている昨今、サイトパフォーパンスの改善を定期的に行っていく必要があります。

ということで、今日は、Googleの「PageSpeed Insights」でサイトの表示速度改善のための計測をしてみました。

 

PageSpeed Insights とは?

 

PageSpeed Insightsは、ブログやウェブサイトのコンテンツを測定し、ページの読み込み時間やどういった部分に改善が必要なのかを分析してくれる、Googleのツールです。

 

使い方

 

使い方としては、まず「PageSpeed Insights」にアクセスします。

スクリーンショット 2016-01-21 9.38.09

自分のブログやサイトのURLを入力して、分析ボタンを押せば、分析が開始されます。

スクリーンショット_2016-01-21_9_38_09

今回は、実際に自分のサイトを入力してみました。

↓が診断結果です。

スクリーンショット 2016-01-21 9.38.33

54%かー。。

もっと悪いかと思ってたけど、まあまあかなー。

PageSpeed Insightsでは、具体的にどのような改善が必要なのかを指摘してくれます。

なかなかありがたいです。

スクリーンショット 2016-01-21 9.38.50 スクリーンショット 2016-01-21 9.39.04

自分のサイトだと、

・画像関連の最適化が必要

・JSとCSSのいらないものを削除する

ってゆうような修正が必要ってのがわかりました。

画像圧縮関連のプラグインを導入したりしようかなと思います。

 

ちなみにGoogleさんは?

 

ふと、天下のGoogle先生は、実際どうなのかな?と思い、URLを入力してみました。

スクリーンショット 2016-01-21 9.47.43

モバイルのパフォーマンス的には、

自分のとあんま変わんないじゃん!

って思ったんですが、違いました。

URL自体がパソコン向けのURLでしたー。

パソコンの方を見てみると。。。

 

スクリーンショット 2016-01-21 10.06.33

99%!!!すご!

 

さすがですね!

まあ、自社の分析サービスだから、算出方法も知っているだろうし、あたりまえっちゃあたりまえか。。。

 

まとめ

 

PageSpeed Insightsでは、ブログやウェブサイトのコンテンツを測定し、ページの読み込み時間やどういった部分に改善が必要なのかを分析してくれる、Googleのツール

・使い方はURLを入力するだけ!

・Googleのサイトは99%最適化されている

今日は以上です。

ご静聴ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。