Macで元画像のデータサイズを30秒で小さくする

スクリーンショット 2016-01-06 17.49.03

こんにちは。

ブログ運営において、サイトの表示速度はかなり重要です。

いくら良いコンテンツを揃えたサイトでも、読み込みに30秒とかかかるサイトだったら、読み込みが完了する前に他のサイト見にいっちゃいますよね?

ということで、今日はMacで画像のデータサイズを軽量化する方法についてご紹介したいと思います。

例えば、以下のようなスクリーンショットをMacで撮ったとします。

こちらだと、PNG画像でデータサイズが536KBあります。

ちょっとサイズが大きいので、画像の大きさは変えずに、少し画質を落として、データサイズを小さくしたいと思います。

スクリーンショット 2016-01-06 17.12.35

準備するもの

 

準備するものは以下です。

・Mac

・加工前の画像

・Macのプレビューアプリ(デフォルトで入ってます)

 

1. プレビューアプリでサイズを落としたい画像を開く

 

スクリーンショット 2016-01-06 17.49.03

2. 「ファイル」→「書き出す」を選択

 

スクリーンショット 2016-01-06 17.49.22

3. 「フォーマット」の項目で「JPEG」を選択し、保存

スクリーンショット 2016-01-06 17.50.33

完成!

 

完成です!

536KBが84KBになりました。

これならブログの素材に使えますね!

スクリーンショット 2016-01-06 17.52.04

今日のところは以上です。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。