Google Analytics 集客サマリーに注目してみる

eyecatch_google_analytics
google-analytics

Google Analyticsをサイトに設置すると、サイトへどんな人がアクセスしているかや、

どんなサイトを経由してサイトを訪問しているかなどを把握することができます。

Google Analytics で解析できるデータはたくさんありますが、色々機能がありすぎて分かりずらいなーと思ったりもします。

今回は、数ある機能の中で、「集客サマリー」の機能を見ていきたいと思います。

 

集客サマリーとは?

スクリーンショット 2015-12-01 22.07.48

集客サマリーでは、サイト訪問の流入経路の種類や、どんなサイトから実際に来ているのかを把握するためにとても便利です。

Google Analyticsの左側のサイドバーで  集客 > サマリー を選択していくと表示されます。

 

サイトへの各チャネルの流入経路は見るべき!

上のページから、下にスクロールすると以下のようなページが表示されます。

こちらのページには、全トラフィックがどのようなチャネルからサイトへきているのかを調べることができます。

 

スクリーンショット 2015-12-01 22.16.19

私のサイトは上記のようになってます。サイトへの流入経路は以下の4つのチャネルがあることがわかります。

Organic Search ・・・・Google などの検索エンジンからサイトへ訪問した場合

Direct・・・・・・・・・ブックマークなど、直接サイトへ訪問した場合

Social・・・・・・・・・Twitter、FaceBookなど、ソーシャルメディアから訪問した場合

Referral・・・・・・・・別サイトのリンクから辿って訪問してきた場合

また、上のページの各チャネルをクリックすると、詳細なデータも見れます。

 

各チャネルの詳細を見ると訪問者の傾向がわかる

↓Organic Search の詳細 wordpress関連でよく検索されてるっぽい

スクリーンショット 2015-12-01 22.09.20

↓Direct の詳細 直接アクセスきている記事がわかる

スクリーンショット 2015-12-01 22.09.42

↓Socialの詳細 主にTwitter、少しハテナブから流入してる。

スクリーンショット 2015-12-01 22.10.03

↓Referralの詳細 fast-wordpress-start.comはスパムと思われる。

スクリーンショット 2015-12-01 22.10.21

 

まとめ

・Google Analyticsの集客サマリーを使うと、どんな流入経路からサイトへ訪問しているのかが把握できる

・流入経路のデータから、どんな部分が足りないのか、サイトのどんな部分にユーザーのニーズがあるのかも把握できそう

・サイトのデータがおおよそ把握できるので、ちゃんとアクセス解析して、ちゃんと対策打てば、アクセスアップを見込めそうなので、分析を継続して行っていくことが大事

以上です。

おつかれさまでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。