内村光良が読売新聞で小説連載開始!「金メダル男」自身が演じた舞台をもとに

2
2

ウッチャンこと内村光良さんが読売新聞で「金メダル男」の小説連載を開始することがわかりました!

内村光良「金メダル男」小説版を新聞で連載開始、「夢にも思わなかった」

内村光良が主演、脚本、監督を務め、10月22日に封切られる「金メダル男」。本作と同時に執筆が進められた内村による同名長編小説が、読売新聞の夕刊で4月4日より連載開始となる。

同映画および小説は、内村が2011年に行った一人舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとにしたもの。世の中のあらゆる1等賞を獲得することに執念を燃やす男・秋田泉一の半生をユーモラスに描き出す。

新聞での連載に対して内村は「この小説執筆のお話をいただいたとき、とても驚きました。日々多くの方々の手に届く新聞に、自分の文章が毎日載るなんて、夢にも思いませんでした。原稿の執筆は2015年夏から半年以上かけ、試行錯誤を繰り返しながら今なお進めています」と明かす。また「本作は、映画の脚本作りや撮影、編集と同時並行して書き進めていくという、通常にはない新しい試みにもなりました。映画のワンシーンをヒントに小説では、少し違った世界を描いたり、その逆もあったりで、相乗効果があったように思います」と振り返っている。

news_header_kinmedalotoko_20160330_01

全60回を予定している新聞連載ではイラストレーターの五月女ケイ子が挿絵を担当。また6月25日に同連載をまとめた文庫が発売される。

 

内村光良さんといえば、最近では「イッテQ」の司会などで活躍されおり、多忙な中、「金メダル男」の映画主演、脚本、監督、執筆活動もこなしていたんですね!すごい!

[ZiP] 映画『金メダル男』クランクアップ

 

どんな作品になるのか非常に楽しみですね!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。