谷原章介の堅実イクメンぷりがすごい!子供は公立校、バッグは手作り!

7sSOnQSjSsvOXwP_7579
7sSOnQSjSsvOXwP_7579

俳優の谷原章介さんのイクメンぷりがすごいです。

谷原章介の堅実パパ力「子どもは公立主義」「バッグは手作り」

久しぶりの青空となり、桜も満開となった4月6日、東京都内の公立小学校の入学式がいっせいに行われた。3男3女、6人の子供がいる谷原章介(43)も、二女のA子ちゃん(6)が入学時期を迎えた。

谷原は『王様のブランチ』『きょうの料理』『パネルクイズ アック25』に加え、4月12日からNHKの新しい音楽番組『うたコン』でも司会を務める。さらに4月22日からは主演ドラマ『ドクター調査班~医療事故の闇を暴け~』(テレビ東京)もスタート。まさに超多忙だが、お嬢さんの入学式に出席するためスケジュールを調整したそうなのだ。

仕事ができる男にして、料理などの家事まで――。“満点パパ”の彼は子供たちのバッグやランチョンマットまで作っているという。その理由について、谷原はスポーツ紙のインタビューにこう答えている。

《買ってきたものでは、個人的ではなく平均的な思い出になってしまう。それでは寂しいから》(スポーツニッポン4月5日付)

子供たちを私立校へ進学させる芸能人が多いなか、“年収2億円”とも言われている谷原はA子ちゃんの兄や姉も公立校に通わせている。4月7日には、いちばん下の女の子が1歳の誕生日を迎えたばかり。彼らが全員成人するまで、あと20年もあるのだ。谷原家の“公立校主義”は、熟慮の結果でもあった。

《特に、この職業は先の保証もありません。もし明日、仕事がなくなったら、子供たちはどうなるのかと考えたら怖いですよ》(『週刊現代』’15年1月31日号)

谷原章介さんは、まさに正真正銘のイクメンです!

芸能界は先の保証はされていないのかもしれないですが、今の働きっぷりから見ても、十分生活できるくらいの収入は稼いでいるにもかかわらず、堅実に公立校に通わせるところは見習いたいところですね。

よくお金を持つと人は変わると言いますが、実際大金を得たときに、堅実に生きられるかどうかというと、すぐには無理だなー。。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。