タッキーがSMAP解散について語る?事務所に人生変えてもらったんだら感謝するのは当たり前

タッキーがSMAP解散について語る?事務所に人生変えてもらったんだら感謝するのは当たり前

タッキーこと滝沢秀明さんが、SMAPの解散報道について語ったとみられる発言が注目されています。

滝沢秀明がSMAP糾弾!独立組の4人は「アホ」

SMAP解散騒動に、ジャニーズ事務所のタッキーこと滝沢秀明(34)も参戦したことが大きな波紋を呼んでいる。今週発売の「週刊文春」の直撃に対し滝沢は、中居正広(44)をはじめとする“SMAP独立派”を痛烈に批判するような強烈な言葉を口にしたのだ。ジャニーズ内で「将来の幹部候補」と言われる滝沢から出た言葉により独立派はいよいよ追い詰められて「これでジャニーズと決別するしかなくなった」との見方が浮上している――。

「文春」の緊急連載「“ジャニーズの女帝”メリー副社長の正体」で滝沢は、SMAP解散騒動に関する同誌の直撃に対し「ただの少年が百八十度人生を変えてもらったわけですから、(ジャニーズ事務所に)感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」「僕らの仕事は、ただキャーキャー言われてるだけじゃないんです。自分の後ろにはスタッフとかたくさんの方がいて、その人たちの生活もかかっている」などと答えた。

芸能関係者は「SMAPの固有名詞こそ出してないが、どう考えてもこれはジャニーズからの独立を画策した中居、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の4人を滝沢が批判するもの。つまり4人はジャニーズへの恩を忘れた“アホ”であり、SMAPに関わるスタッフのことをまったく考えていないと糾弾している」と指摘する。

内容を見る限り、確かし、SMAPについて語っているようにしか思えません。

事務所のおかげでここまでこれたというのは、一理あるかもです。

果たして、独立組の4人はどうなってしまうのか?今後の展開に注目です!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。