滝沢秀明7年ぶりの連ドラも、低視聴率女王の武井咲との共演に不安の声続出!!

滝沢秀明7年ぶりの連ドラも、低視聴率女王の武井咲との共演に不安の声続出!!
滝沢秀明7年ぶりの連ドラも、低視聴率女王の武井咲との共演に不安の声続出!!

7月にスタートする連ドラ「せいせいするほど、愛してる」で7年ぶりの連ドラ出演となる滝沢秀明さん。共演するのが「低視聴率女王」の異名を持つ武井咲さんということで、不安の声が続出しているそうです!

「低視聴率女王」武井咲、7年振り連ドラの滝沢秀明ファンから不安噴出「数字取れない」

女優の武井咲が7月からスタートする連続テレビドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)に主演することがわかった。同作は不倫を描いた禁断のラブストーリーだが、相手役を演じる滝沢秀明(34)のファンたちにとっては久しぶりの復帰作だけにさぞや期待を膨らませているだろうと思いきや、相手役が武井という点に不安を抱いているという。

滝沢は同局のドラマ『オルトロスの犬』から7年ぶりの本格的なドラマ出演。恋愛モノということでファンからの期待値も高かったのだが、今ではすっかり“低視聴率女王”という不名誉なイメージがついた武井が相手。そのためファンからは「また武井か~。これは数字取れない気が…」「不倫ものは飽和状態だから、オリジナリティーあるものだと良いけど」「タッキーのファンは見ないでしょう」など不安の声が上がっている。テレビ関係者が語る。

「武井には『どんな役を与えても視聴率が取れない』というイメージがついてしまったために、かわいそうな部分もあるんですよ。演技も下手なわけではないですし、何よりビジュアルに文句はないですから。しかし、彼女の出るドラマは脚本がつまらなかったり、演出が良くない。これは視聴者をはじめとする世間の評価としては『役を演じきれていない』ということになるので、武井のせいだといわれてしまうのです」

 

武井咲さんが「低視聴率女王」と言われるのには、脚本や、演出に恵まれなかったこともあるそうです。

「フラジャイル」とか、「エイジハラスメント」とか、個人的には面白いなーと思ったドラマもあったので、なぜ低視聴率しか取れないのか疑問です。

 

連ドラ7年ぶりの滝沢秀明さんならば、低視聴率女王の武井咲さんとの共演でも高視聴率を叩き出すことができると信じたいです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。