戸田恵梨香が、「デスノート 2016」で再びミサミサ役に?前作の10年後の世界

1
1

女優の戸田恵梨香さんが、映画「デスノート 2016」でミサミサ役として出演することが決まりました!

戸田恵梨香、再び弥海砂役で『デスノート』続編出演 10年後のミサミサにプレッシャー「とても悩みました」

女優の戸田恵梨香が、月とLの死から10年後を描く『デスノート 2016』(10月29日公開)に弥海砂(あまねみさ)役で出演することが8日、わかった。

『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』(2006年)『L change the WorLd』(2008年)に続いてのミサミサこと海砂役での出演に戸田は「嘘でしょ!と思いました。10年前の作品で月とLも亡くなっているし……。今回の参加は恐怖の方が強かったです。

いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか?というところでとても悩みました」とコメントしている。

2

今作では、10年後のミサミサを演じる戸田恵梨香さんですが、前作から、数々のドラマや映画に出演されて、演技の幅も広がっていると思いますので、どんな演技をされるのか非常に楽しみですね!

 

 

 

戸田恵梨香映画デビュー作となった 映画「デスノート」

デスノート the last name予告

 

映画デビュー作となった前作ついて戸田は「スクリーンデビューさせていただいた作品なので、思い入れは強くて。10年前のときはまだまだ新人で、役者を始めて1年も経っていないのにとても大きな作品に参加させていただいたので、芝居もままならない状態でした」と振り返る。そして、その10年後の海砂を再び演じる今作に「だから前作を観ると恥ずかしくて仕方がないんですけど、今回はその当時に戻れるのか、戻っていいのか?戻るべきなのか、進むべきなのか?いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか?というところでとても悩みました。10年経ったいま、『デスノート』を通してまた改めて伝えられるメッセージがあるのかもしれないなと思います」と苦悩を明かしている。

 

今回の映画「デスノート 2016」

映画『デスノート 2016』(仮)特別映像

 

原作に存在しながらも使われていなかった“6冊ルール”(人間界で同時に存在していいノートは6冊まで)のもと、キラ復活を望む者、それを阻止する者たちによる、6冊のデスノートをめぐる頭脳戦が描かれる。メインキャストには、主人公のデスノート対策本部特別チーム捜査官・三島創を東出昌大、Lの遺伝子を継ぐ世界的探偵・竜崎を池松壮亮、キラを崇拝する狂気の天才サイバーテロリスト・紫苑優輝を菅田将暉。デスノート所有者のひとりであり、思想を持たず無差別殺人を行う“普通の女の子”青井さくらを川栄李奈が演じる。

 

おわりに

今日は、戸田恵梨香さんが、「デスノート 2016」で再びミサミサ役として出演することが決定したニュースをお伝えしました!

ドラマのデスノートもありましたが、やっぱりミサミサは戸田恵梨香さんの印象が強いですね!

他のキャストもどんな人が登場するかとても楽しみですね。

それでは今日はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。