「シン・ゴジラ」日本史上最大規模の出演者数!ゴジラの現場以外日本から俳優が消えた?

shingoji7_1
shingoji7_1

映画「シン・ゴジラ」の新たなキャストが発表されました!

「シン・ゴジラ」ハリウッド超え!総キャスト328人…高良健吾ら追加出演者発表

俳優の高良健吾(28)、大杉漣(64)、柄本明(67)、余貴美子(59)、國村隼(60)、ピエール瀧(49)らが映画「シン・ゴジラ」(7月29日公開、庵野秀明総監督、樋口真嗣監督)に出演することが13日、発表された。すでに発表されている長谷川博己、竹野内豊、石原さとみを含め、総キャスト数は328人に及ぶ。

東宝によると、一般的な邦画でキャスト数は50人ほど。大作でも100人程度だという。ハリウッドではエキストラを含めれば300人級の作品もあるが、役名があるキャストの300人超えは異例。山内章弘エグゼクティブプロデューサーは「間違いなく日本映画最大規模の出演者数。撮影時期は『ゴジラの現場以外、日本から俳優が消えた』とお叱りを受けました」と話す。

 

役名のあるキャストが300人超え!

ものすごい映画ですね!

長谷川博己さんや竹野内豊さん、石原さとみさんなどの豪華な俳優陣が出演するとのことなので、かなり楽しみです!

 

『シンゴジラ』予告

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。