松坂桃李、岡田将生が出演する、「ゆとりですがなにか」が面白そう!

21
21

おはようございます!

ゆとり世代のリアルを描く日テレのドラマ、「ゆとりですがなにか」が4月からスタートするそうです!

岡田将生×松坂桃李×柳楽優弥、“ゆとり世代”の逆襲描く!? 宮藤官九郎脚本ドラマ「ゆとりですがなにか」

「飲み会? それって強制参加っすか?」「忙しくてメールチェックしてないんスよね、次からLINEでお願いしまーす」「道分かんなくて駅からタクっちゃいました」「うちら、ゆとりなんで」…。そんな若者たちを、社会はいつしか“ゆとり世代”と名づけた――。

“ゆとり第一世代”と呼ばれる1987年生まれは、今年29歳。2002年に行われた教育改正のもと、完全週休2日制に始まり、授業内容と時間数削減、絶対評価の導入などに代表される“ゆとり教育”の申し子だ。その“ゆとり”を埋めるかのように、高校が休みの土日は塾通い。大学3年で就活しようとしたら、まさかのリーマンショック、就職氷河期。入社1年目の3月には東日本大震災が起こった。「みんな違ってみんな素敵」と教えられたはずが、気づけば現実は“優勝劣敗の競争社会”。果たして、“ゆとり世代”は本当に“ゆとり”なのか?

 これまで、映画『なくもんか』『謝罪の王様』など、世の中の“モヤっとしたもの”をすくい上げ、笑いと涙で“痛いところ”を突き、観る者を歓喜の渦に巻き込んできた脚本・宮藤官九郎×監督・水田伸生のコンビが、次に選んだテーマは “ゆとり”。“ゆとり第一世代”と括られる1987年生まれのアラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に迷い、あがきながらも、懸命に世の中のリフジンに立ち向かう!

自分も年齢だとドンピシャのゆとり世代なので、すごく気になります!

しかも、

 

21
岡田将生!

 

松坂桃李!

 

23
柳楽優弥!
24
脚本は宮藤官九郎!

 

このキャストだけみても、絶対に面白いこと間違いなしですね!

はやく4月にならないかなー。

 

おわりに

今日は、岡田将生さん、松坂桃李さんが出演するドラマ、「ゆとりですがなにか」をご紹介しました。

日テレのドラマで4月スタートです。

ゆとり世代の人も、ゆとり世代の人が職場にいる人も、是非見てもらいたいですね!

それでは今日はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうございましたー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。