松山ケンイチと倉科カナの「珍遊記」の試写会がおかしなことに!?

x
x

 

 

松山ケンイチさんと、倉科カナさんが、映画「珍遊記」の試写会に登場しました。

映画「珍遊記」

 

「珍遊記」の内容にふさわしい、はちゃめちゃな試写会になったようです!

 

俳優の松山ケンイチ(30)が18日、都内で行われた主演映画「珍遊記」(27日公開)の完成披露試写会に登場した。

90年代に週刊少年ジャンプで連載され、累計400万部のギャグ漫画が原作。原作者・漫☆画太郎のナンセンスかつ過激な作風から映像化不可能とされていたように、イベントもまったく関係のないドランクドラゴンの鈴木拓(40)が乱入するなど、はちゃめちゃな内容となった。

 

G20130114004979000_view

映画に関係ない、ドランクドラゴンの鈴木さんも乱入したそうですね!

確かにはちゃめちゃですねw

 

 

「西遊記」の孫悟空を思わせる山田太郎役の松山は、劇中で見事なお尻を披露。「映画として成立するのか分からないですけど、面白い世界に行きたいと思った」と、ノリノリで出演したという。

 

x

松山ケンイチさんがお尻披露しちゃってるんですねw

 

 

共演の倉科カナ(28)は、山田太郎を更正させるお坊さんの玄奘役。丸刈り頭な上に、お下品なセリフを連発する過激な役柄で「客観的に見たとき、みんなに『大丈夫?』と聞かれて、そんなに下品なことを言ってたのかと…」と苦笑いした。

images

倉科カナさんは、ドラマでのかわいいイメージから一変、丸刈りで下品やセリフを連発する役なんですね!すごいなーw

 

ますます映画が楽しみですね!

2月27日 全国ロードショーです!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。