長島一茂、桑田、野球界の友が清原へ送ったメッセージ

20140702_anzai_33
20140702_anzai_33

こんにちは。

最近私の周りは、清原和博さん逮捕と、狩野英孝さんの熱愛、三角関係の話題でもちきりです。

私が、野球をよく見ていた時期に活躍したヒーローなので、ショックがかなり大きいですね。。

野球界からも、ぞくぞくとコメントが寄せられてますが、

長島一茂さんと、桑田真澄さんが清原さんについて語ったコメントが対象的だったのでご紹介します。

 

桑田真澄さん

 

c95bb680f09dc7071b3d7986a06fe726

「僕も小姑のように、こういうことはよくないとか、こうしなきゃいけないと引退後も言い続けてきたので。それを言えるのが僕だと思うんですね。その小言に嫌気がさしたんでしょうね。『一切関わらないでくれ』ということを言われて、3年ぐらいになりますかね」

「彼の性格は1番知っているので、今、どういうふうに時間を過ごしているか分かる。今言えるのは、野球のピンチに代打とリリーフはいるけど、自分の人生に代打とリリーフはいない。現役時代に数々のホームランを打ってきた。自分の人生でもきれいな放物線を、逆転満塁ホームランを打ってほしい」

参考記事:桑田真澄氏「『一切関わらないでくれ』と言われて3年ぐらい」【清原和博容疑者逮捕】

桑田真澄 緊急会見 ノーカット版 【覚せい剤事件・清原和博】

 

 

長島一茂さん

20140702_anzai_33

「逆転満塁ホームランというのは相当難しいと思う」

「清原君が巨人を辞めるときに私が清原君と接触したときがあった。内容はしゃべれないが、そこから距離が離れていった」

「一時テレビから遠ざかっていたけど、またこうやって出てきているから疑惑は払拭された、というか、そういう事実はなかったんだなと思って安心して、番組で掛け合いというか話をした。そのときに変な雰囲気は感じなかった」

参考記事:長嶋一茂も清原容疑者と絶縁状態だった 「人生の逆転満塁ホームランは難しい」

 

おわりに

今日は、清原和博さんの逮捕を受けて、長島一茂さん、桑田真澄さんがテレビで話した内容をご紹介しました。

どちらの考えも、賛成です!

どんな形でもいいので、清原さんにはまた元気な姿を見せてほしいなーと思います。

今日はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。