国分太一が2016年上半期TV出演本数第1位!帯番組司会者が上位独占!

国分太一が2016年上半期TV出演本数第1位!帯番組司会者が上位独占!

TOKIOの国分太一さんが、2016年上半期のTV出演本数第1位に輝いたそうです!

【上半期TV出演本数】国分太一、年間V3へ向けトップターン 帯番組司会が上位独占

テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは12日、『2016上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』を発表し、TOKIOの国分太一が366本の出演で1位となった。2年連続で年間1位の国分が、V3へ向けてトップで折り返した。2位はバナナマン・設楽統【331本】、3位は坂上忍【270本】が続き、帯番組司会者が上位を独占している。

国分(TBS系『白熱ライブ ビビット』)、設楽(フジテレビ系『ノンストップ!』)、坂上(フジテレビ系『バイキング』)のTOP3の他にも、5位が加藤浩次【242本】、6位がハリセンボン・近藤春菜【237本】(ともに日本テレビ系『スッキリ!!』)、7位が羽鳥慎一【234本】(テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』)と、トップ10中6人が帯番組司会者となった。近藤は「女性タレント部門」の1位にも輝いている。

2012、13年の年間王者で、14、15年も国分に次いで年間2位とランキング上位常連となった設楽。『ノンストップ!』での司会も5年目に入り、すっかりソロで活躍する姿も見慣れてきたが、出演331番組中、ソロ出演は152本と半分以下。179本は相方の日村勇紀とともに出演しており、ソロでもコンビでも仕事が充実していることが伺える。

■2016上半期テレビ番組出演本数ランキング
1位 366本 国分太一(TOKIO)
2位 331本 設楽統(バナナマン)
3位 270本 坂上忍
4位 254本 澤部佑(ハライチ)
5位 242本 加藤浩次
6位 237本 近藤春菜(ハリセンボン)
7位 234本 羽鳥慎一
8位 233本 小島瑠璃子
9位 225本 渡部建(アンジャッシュ)
10位 221本 上田晋也(くりぃむしちゅー)

 

国分太一さんでそんなにテレビ出演していたんですね!

鉄腕DASHとかバラエティ番組などでしか見てない印象でしたが、

平日昼の帯番組など多数出演していたんですね。

体調に気をつけてこれからも頑張っていただきたいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。