こち亀が連載40年で終了!亀有では「連載終わっても両さんの街」の声

こち亀が連載40年で終了!亀有では「連載終わっても両さんの街」の声

ジャンプの人気漫画、こち亀が連載40年でついに終了することがわかりました!

「こち亀」終了でも両さんの街…亀有銀座商店街、金のベーゴマ作る

 人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載終了が発表されてから一夜明けた4日、舞台となっている葛飾区亀有では「連載が終わっても両さんの街として盛り上げたい」との声が上がった。

JR亀有駅周辺では、毎週日曜恒例の着ぐるみの両津勘吉が登場するイベントを開催。着ぐるみを着た、亀有銀座商店街(ゆうろーど)にある和菓子店「葛飾伊勢屋」を営む佐藤尚吾さん(51)は「(「男はつらいよ」の舞台となった)柴又だって寅さん(故・渥美清さん)が亡くなっても寅さんの街として頑張っている。柴又を見習って、僕ら地元の人間が両さんを生かし続けます」と語った。

亀有銀座商店街では2007年から、毎年11月に「両さんベーゴマ大会」を行っている。500人にオリジナルの両さんベーゴマを配り、そのベーゴマで勝負しているが、今年は連載40周年と第10回大会を記念して「金の両さんベーゴマを作る」という。原作者の秋本治氏(63)も毎年会場を訪れており、関係者は「商店街から40周年と完結のお祝いがしたい。みんなで何がいいか相談しています」と話した。

連載が終了しても、亀有は両さんの街としてこれからも愛されていきそうですね。

いつか亀有に行ってみたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。