渡辺謙が「王様と私」に復帰!胃がん手術からわずか1ヶ月で予定より9日前倒し!?

2
2

渡辺謙さんが、胃がんの手術後わずか1ヶ月でミュージカル「王様と私」で仕事復帰をしたそうです!

渡辺謙「王様と私」で代打復帰 ぶっつけ本番もスタンディングオベーション

2月に早期の胃がんと診断され内視鏡による手術を受けた俳優の渡辺謙(56)が8日(日本時間9日)、米ニューヨークでブロードウェーミュージカル「王様と私」に予定を9日間も前倒しして出演した。手術からわずか1か月で、仕事復帰を果たした。

5日に渡米。17日から出演予定だったが、現在、王様役を演じている俳優がけがをしたため、急きょ声が掛かった。渡米前に「時差ぼけもあるので、向こうに着いて、アパートの巣作りもして、さてどうなるかですね」と話していただけに、ドタバタの復帰劇となった。まさにぶっつけ本番だが、舞台関係者によると、ロングランのブロードウェーミュージカルでは、出演者が体調不良となった際などに代役を立て、リハーサルもそこそこに幕を開けるのは、よくあることだという。

王様役を演じている方が怪我したため、予定より早く復帰になったようです。

 

渡辺謙が王様役を演じるミュージカル「王様と私」とは?

1

Wikiによると

1860年代のこと、夫を亡くしたイギリス人女性、アンナ・レオノーウェンズは、王子・王女の家庭教師として、タイ王国の首都バンコクの王宮に迎えられた。アンナは、封建的なタイ王室に近代の風を取り込もうとして、伝統としきたりを重んじる頑迷な王様と対立してしまう。しかし、衝突と対立を繰り返すうち、次第に二人は引かれ合うようになる。

タイ王国の国王と、イギリス人家庭教師のラブストーリーって感じですね。

 

渡辺謙の主演ミュージカル「王様と私」


 

 

渡辺謙 復帰前の心境をツイッターでつづる

出演前にツイッターを更新した渡辺は「現Kingのケガからの復帰が間に合わない為、今夜のステージから急きょCome Backとなりました。久しぶりにドキドキな初日です」と報告。「力まずやれるかなぁ…ま、一丁やってみますわ」とつづった。

手術から一ヶ月かつ、ほとんどリハーサルがない状態での公演、さすがの渡辺謙さんでも緊張されたようですね。

 

ミュージカル「王様と私」公演

「準備は万全」と話していただけあって、ステージは無事に成功。カーテンコールではスタンディングオベーションが起きた。「2月の手術から1か月、待ちに待ったその日が来ました。幕が開いたら、なぜか劇場もフルハウス(満員)。NYが迎えてくれました。最後はキャストがたたえてくれました。オープニングとはまた違う新しい『王様と私』が産まれた感じ」と手応え十分の様子。11日まで計4公演に臨時で出演し、17日から再び登場する。

 

おわりに

今日は渡辺謙さんが胃がん手術後、一ヶ月でミュージカル「王様と私」に出演し、仕事復帰を果たしたニュースをお伝えしました。

術後1ヶ月なので、まだ体調が万全でない中、見事演じきった渡辺謙さんは、まさにプロですね!これからも体に気をつけて頑張って頂きたいですね。

それでは今日はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。