川越シェフがテレビ出演が激減するきっかけとなった「渋谷流血事件」を明かす!?

tatsuya-kawagoe
tatsuya-kawagoe

 

料理番組でお馴染みのイケメンシェフ、川越シェフがダウンタウンDXでテレビ出演が激減した原因を明かすそうです。

<川越シェフ>テレビ出演激減の理由は、顔面に16針縫うけが

イケメンシェフとして知られる川越達也さんが、12日放送のバラエティー番組「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)に出演する。最近、テレビ番組の出演を控えていた理由について、本業が忙しかったことと、顔面に16針も縫うけがをしていたことを明かす。当初、4月14日放送の予定だったが、熊本地震の特別報道態勢のため、放送延期となっていた。

番組では「渋谷流出事件」と題して紹介され、川越さんは「ちょっと前の話になるのですが、後輩たちと食事に行ったときに、会計をすべて支払ってかっこよくお店を出ようとした瞬間……」といい「顔面を何かに殴られたような感じがした」と語る。続けて「きれいに磨いてあるガラスに顔面をぶつけたんです。治るのに数カ月かかりました」と話し、眉と目の間が紫色に腫れた顔の写真も公開する。

 

記事の内容から察するに、食事へ行ってお会計を済ませて出ようとしたら、お店のガラスに顔面を強打してしまい、治るのに数ヶ月かかるため、出演を控えていたということのようです。

顔面が青あざの川越シェフが登場したら事件に巻き込まれたようで、不安になっちゃいますからね。

詳しい真相は、ダウンタウンDXで明かされるそうです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。