桂歌丸が「笑点」大喜利司会の引退を発表!番組放送50周年で

e_08286156
e_08286156

落語家の桂歌丸さんが、今年(2016年)番組放送50週年を迎える「笑点」の大喜利司会を引退することを発表しました!

桂歌丸「笑点」50周年で大喜利司会引退発表 ラストは5月22日生放送

落語家の桂歌丸(79)が30日、東京・後楽園ホールで行われた日本テレビ「笑点50周年記念スペシャル」(5月15日、後5・00)の収録に参加。「来週(5月22日)の放送を最後に大喜利の司会をやめさせていただきたいと思っております」と勇退を宣言。歌丸の後任司会は検討中。

今後、歌丸は終身名誉司会に就任、「笑点」の直前に放送されている5分番組の「もう笑点」(日曜、後5・25)には出演する。歌丸はこの日の収録後、大喜利メンバーとともに会見に出席した。

桂歌丸さんといえば「笑点」の大喜利での安定した司会の印象が強いですね。

歌丸さんの軽快な司会ぶりと、円楽さんとの絡みが最近の「笑点」の醍醐味でもありました。

なので、桂歌丸さんの司会が見られなくなることは残念です。。

 

 

5月15日放送回で満50年を迎える「笑点」。初回放送から参加する唯一の出演者でもある歌丸だが、昨年6月に腸閉塞(へいそく)で2カ月近く入院、今でも普段の移動は車椅子と体調は万全ではなかった。22日に行われたNHKの番組収録で「笑点」への出演に関して「内緒ですがね、そろそろ考えないといけない時期ではと思っています」などと引き際についてコメントし、発言が注目されていた。

収録の最後に5月22日は生放送であることを報告したうえで、「来週の放送を最後に大喜利の司会をやめさせていただきたいと思っております」と切り出した歌丸。「若い方々に譲らなければ長くは続きません。50年間、いろんなことがありました。最後の大喜利、生放送を一生懸命務めさせていただきます」と司会引退を宣言した。

会見では「あっという間に50年過ぎました。いろいろなことがありました。笑点全部が1番の思い出です。番組自体がよく持ったと感心しております」としみじみ語った歌丸。引退について「体力の限界なんです」とキッパリ。「歩くことが大変に苦しい。歩くと、肺気腫を患って、息切れしてしまう。これ以上続けて行くと、今までだって、ずいぶんスタッフさんにご迷惑をお掛けしていますが、これ以上の迷惑はかけてはいけない」と経緯を説明した。

 

「笑点」の番組放送50周年で、唯一初回放送からの出演者である歌丸さんは、

もはや生ける伝説的な存在ですね!

「笑点」の司会は体力的に難しいとのことですが、「笑点」直前に放送される「もう笑点」の方では出演継続されるとのことなので、

これからも歌丸さんを応援していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。