神戸蘭子が病気を乗り越え第1子妊娠!!多嚢胞性卵巣症候群?

20110714_motoki_21
20110714_motoki_21

タレントの神戸蘭子さんが、第1子妊娠を発表しました!

神戸蘭子第1子妊娠 多嚢胞性卵巣症候群乗り越え「涙が出ました」

タレント・神戸蘭子(33)が3日、第1子を妊娠したことをブログで発表した。妊娠ができにくい体質である「多嚢胞性卵巣症候群」であることも明かし、「妊娠が分かった時は、涙が出ました」と喜びを伝えた。現在は妊娠後期(8~10カ月)に入っているという。

神戸蘭子さんといえば、以前はバラエティでよくお見かけしてましたが、最近見なかったのは結婚されていたからなんですね。

 

 

 神戸は14年1月1日にスタイリストと結婚。6月にハワイで挙式していた。ブログでは、「10年くらい前から子供が出来にくい体質だとは聞いていて、30歳ぐらいからその体質や生活を整えるようにしていました」と妊娠に向け、体質改善に努めていたことを伝えた。

病名を「多嚢胞性卵巣症候群」と明かし、さまざまな病院に通い、「正直自分の中で、子供欲しさに勝手に焦ってしまう時もあった」と治療を受けてきたことを告白。「妊娠が分かった時は、涙が出ました!!この日を迎えるためには色々ありましたが、この日をずっと望んで来たので嬉しくて嬉しくて」と喜びを伝えた。

現在は妊娠後期に差し掛かっていることも明かし、「胎動も感じる事が多く、母親になるんだと実感する事が多いです。夫婦共に、新しい命が宿っている奇跡に感謝をし、1日1日大切に、元気に産まれてくるように願っています」とつづった。

 

「多嚢胞性卵巣症候群」はどんな病気なのか調べてみました。

Wikiによると

多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、: Polycystic ovary syndromePCOS)とは、女性排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常不妊を生じた病態

卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞化している。エコー画像で見ると、卵巣の表面に沿って粒がぐるりと数珠つなぎになっている様子から、「ネックレス・サイン」と呼ばれる。

場合によってはホルモンバランスが崩れることにより、声が低くなり、が生えてくるなど、患者の容姿が男性化するため、奇異の目に晒される事がある。いじめ差別に発展することもある[1]

とのことです。

ホルモンバランンスが崩れ、容姿が男性化する場合もあり、発症原因も解明されていないとのことなので、恐い病気ですね。。

病気に負けずに元気な赤ちゃんを産んで頂きたいですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。