iOS アプリ開発 NSData NSString 変換

apple_416x416

今日、仕事で詰まった内容をメモ。

HTTP通信でサーバーから受信したデータを扱う際、Objective-Cでは、以下のようにNSDataとNSStringの相互変換をする場合があります。

 

 

通常は上記の変換で問題ないのですが、サーバーからのレスポンスデータの文字コードがUTF8以外の場合、各文字コードでエンコードした文字列に変換しないと文字化けする場合があります。(今日、この問題で悩まされました。)

Objective-CのNSString のクラスリファレンスを参照したところ、

NSString クラスには、以下の文字コード変換ができるようです。

 

サーバーからのレスポンスデータに文字コード情報が明示されておらず、UTF8でエンコードして文字化けが発生した場合は、上記の文字コードで変換してみれば解消できかもです。(めったにないですが。。。)

今日のところはここまで。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。