ヒガンバナ、怪盗山猫、火村英生の推理のドラマコラボに視聴者大激怒!?

fb_higanbana
fb_higanbana

以前、日本テレビの3ドラマ、「ヒガンバナ」、「怪盗山猫」、「火村英生の推理」がコラボし、それぞれのドラマにカメオ出演するというニュースを紹介しましたが、

「ヒガンバナ」コラボの回を見た視聴者が大激怒しているようです!

完全に詐欺!堀北真希「ヒガンバナ」の酷すぎるコラボ企画に視聴者が大激怒

2月17日に放送された堀北真希主演のテレビドラマ「ヒガンバナ ~警視庁捜査七課~」(日本テレビ系)第6話の視聴率が8.7%だったことがわかった。1ケタ視聴率は、同ドラマ開始以来初だという。

そんな日テレドラマは現在、「ヒガンバナ」のほかに、斎藤工や窪田正孝が出演中の「臨床犯罪学者 火村英生の推理」や、成宮寛貴や菜々緒が出演中の「怪盗 山猫」を放送しているが、今週はその3作品それぞれの出演者が、放送枠の垣根を飛び越えてコラボ出演すると発表されていた。

そして今回の「ヒガンバナ」には、斎藤や窪田が出演したのだが、放送後、内容に関して視聴者から怒りの声が殺到しているのだという。

コラボ企画は、それぞれのドラマを見ている方々にとっては、かなり面白いかと思うのですが、どうして視聴者が激怒しているのでしょうか?

 

ヒガンバナのコラボで視聴者が激怒している理由とは?

 

「視聴者は斎藤と窪田が、物語にも多少関わってくるだろうと期待していたのですが、実際の出演シーンは、ドラマの舞台となった病院の廊下を歩きながら、一言ずつ台詞を呟いただけ。出演時間もわずか5秒ほどで、主役の堀北との絡みも一切ありませんでした。これにはコラボを期待した視聴者から『完全に詐欺じゃん!』『窪田くんが出るからって観てたのに…』『時間を返せ!』と批判の嵐。あれだけ大々的に宣伝したにも関わらず、一瞬の出演では視聴者が怒るのも当然です」(前出・テレビ誌記者)

コラボとか言ってたけど、5秒しか出演してないじゃん!ってことですね!

たしかに、大々的に宣伝していたにもかかわらず、ストーリーにまったく関係なかったのは残念です。。

今回の結果を受け、次回ドラマの企画で改善されるといいですね!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。