福山雅治が海外映画デビュー!!「ミッション:インポッシブル2」などのジョン・ウー監督の映画

1
1

 

福山雅治さんが、「ミッション:インポッシブル2」、「レッドクリフ」などの作品で知られるジョン・ウー監督の映画「追捕 MANHUNT」で海外映画デビューすることがわかりました!

福山雅治 ジョン・ウー監督作で海外映画デビュー…健さん主演作のリメーク

歌手で俳優の福山雅治(47)が、故・高倉健さん主演で1976年に公開された映画「君よ憤怒の河を渉れ」のリメーク作「追捕 MANHUNT」で海外映画デビューすることが16日、発表された。「ミッション:インポッシブル2」「レッドクリフ」などで知られる巨匠ジョン・ウー監督(69)がメガホンを取る。

 

映画「君よ憤怒の河を渉れ」とは?

Wikiによると

西村寿行の同名の小説(1974年発行)を原作とした、佐藤純彌監督によるサスペンスアクション映画。高倉健の東映退社後の第一作目であるとともに、大映社長だった永田雅一の、映画プロデューサーとしての復帰第一作目でもある。

この映画は中華人民共和国でも1979年に『追捕』として公開され、文化大革命後に初めて公開された外国映画となった。公開は大変な人気を呼び、中国での観客動員数は8億人に達したとされ[1][2]、高倉健や中野良子は中国でも人気俳優となった。

高倉健さん主演の映画で、中国でも「追捕」として有名なようですね。

 

福山雅治 コメント

2

福山は16日、香港で開催された香港インターナショナル・フィルム&テレビマーケットでコメントを発表。「これだけ激しいアクションがある映画に出させていただくという事は初めての経験ですし、それがジョン・ウー監督作品であり、しかも日本が舞台となっているという事で、心からやりがいを感じております。映画が中国、日本、そしてアジア全体で楽しんで頂きながら、さらに、世界に発信できればうれしいですね」と意気込みを語った。

 

ジョン・ウー監督 コメント

 

同じくウー監督も「昔からずっと高倉健さんとお仕事をしたかった。躊躇(ちゅうちょ)なくこの映画のオファーを受けた」とコメントを発表。福山のキャスティングについて「僕から見たこの人物は人情も義理も厚く、とても人間味のある役で、福山雅治さんはこの役の特質にとてもマッチしていて、ずっと僕の心の中で思い描いていた唯一の人選だった」と説明。「彼がこの役を演じていただけると聞いてとてもうれしかった」と大きな期待を寄せた。

 

おわりに

 

今日は、福山雅治さんがジョン・ウー監督の映画で海外映画デビューするニュースを紹介しました!
福山雅治さんといえば、昨年結婚されてますます活躍される予感がしますね!

それでは今日はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。