ベッキーから週刊文春に直筆の手紙が届く!?現在の心境を便箋5枚に綴る

bekki-2
bekki-2

現在芸能活動休止中のベッキーから、週刊文春へ直筆の手紙が届いたそうです!

ベッキーから週刊文春編集部に手紙が来た!

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との一連の不倫騒動を受けて、いまだ全ての芸能活動を休止中のベッキー(32)から4月22日、週刊文春編集部へ直筆の手紙が届いた。郵送ではなく、彼女の所属事務所である「サンミュージックプロダクション」の代表取締役社長・相澤正久氏によって本誌デスクへ直接手渡された。

このひと月余り、週刊文春はベッキー本人へのインタビューを事務所を通じて繰り返し申し込んでいた。結局、インタビューに応じることはなかったが、彼女は現在の心境を便箋5枚にわたり手紙にしたためたのだ。

 ベッキーは手紙の中で、〈川谷さんへの気持ちはもうありません。文春さんで奥様が話された記事を読み、そこで初めて奥様のお気持ちを知り、自分の気持ちの整理がつきました〉などと、禁断愛の核心について綴っている。

 

禁断愛の核心に迫る内容がつづられているそうです!

どんな内容の手紙なのか非常に気になりますね!

この手紙の内容は、5月5日・12日の週刊文春の合併号にて全文が記載されるそうです!

送られてきた手紙を全文そのまま記事にしちゃうところがすごいですね。。

さすがセンテンススプリングw

というか文春さん、

もうベッキーをかまわんといてー!

なんかの恨みがあるかと思うぐらいの追求の仕方ですよね。

個人的にはもう普通にテレビでベッキーが見たいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。