青山愛アナは怒り新党でマツコと有吉を激昂させても動じない、嵐を呼ぶ女!?

青山愛アナは怒り新党でマツコと有吉を激昂させても動じない、嵐を呼ぶ女!?

青山愛アナウンサーが、怒り新党で夏目三久アナウンサーの後任というプレッシャーを見事乗り越え、バラエティで才能を開花させたと話題になってます。

青山愛アナ、報ステ卒業後バラエティで新たな魅力を開花 マツコもたじろぐ“嵐を呼ぶ女”

今年4月からトークバラエティ『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で進行を務める同局アナウンサーの青山愛。『報道ステーション』(同系)出演時には、「知的で清楚」と視聴者から好感を得ていたが、同番組卒業後、『マツコ&有吉~』に出演するや、その評価が一変。帰国子女ならではの感覚で切り返し、マツコと有吉が激高させるも動じることない“嵐を起こす女”として新たな魅力を開花している。

青山愛の広島県出身。生後7ヶ月で父親の仕事の関係で渡米。ニューヨーク州で幼少期を過ごした。一度は帰国したものの中高生時代の5年間は米・テキサス州へ。高校2年次に帰国し、卒業後は京都大学経済学部へ進学。卒業後の2011年4月、テレビ朝日にアナウンサーとして入社した。報道志望ということもあり『報道ステーション』への出演が決定。同番組では気象キャスターやスポーツキャスターを担当し、そのはつらつとした笑顔や、笑った時に右頬にできるえくぼが「可愛らしい」と人気を博した。『報道ステーション』を卒業後、『マツコ&有吉の怒り新党』で、今年3月に卒業したフリーアナウンサー・夏目三久の後釜という大役を務めている。

同番組の2回目の出演となる4月20日放送では、学生時代の呼び名について聞かれ、愛(めぐみ)という名前から、ハリウッド女優のメグ・ライアンにかけて「ライアン」と呼ばれていたことが判明。有吉弘行からもその輝かしい経歴に「挫折したことある? 行きたい大学、入りたかった会社、落とせなかった男もいないでしょ?」といじられたが、青山は「今の3点では(挫折は)ない」とあっさり回答。これにマツコ・デラックスは衝撃を受け、彼女に「世の中の反感は“適度に”買ってよ。素晴らしい」とまで言わしめた。

 

夏目三久アナウンサーが怒り新党を卒業ということで、残念に思ったファンは多いのではないでしょうか。

後任の青山愛アナウンサーに夏目さんの代わりが務まるのか?に注目が集まりましたが、

マツコさんと有吉さんのいじりにも全く動じず、むしろ予想を上回る返しをしているので、見事にハマっている気がします。

夏目さんとはまた違った強さのあるアナウンサーですよね。

これからも怒り新党を楽しく見ていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

主に芸能ニュース・エンタメ・WordPress・iOS・Android・ゲームについて書いてます。 楽しいこと、面白いことが大好き。本業はシステムエンジニア。芸能ニュース、アフィリエイト、スマホゲーム、アプリ開発についての記事を書いていきます。